checkers diary

活動記録

chord name:Oというもの〜特技は阿僧祇を超えて〜

君は僕の友人、Oを知っているだろうか。

わかりやすく言えば、変わらず「O(オー)」、シニカルに表すならば「汚病ん」だ。

今回はそいつについて、語ろうと思う。何せ俺が自慢したいくらいにそいつの生き様はかっけえんだ。

以下ー僕と友人のお話ー

「君はOを知ってるかい」

「ああ、知ってるとも。あいつだろ世界各地に愛を振り撒いた男のことだろ」

「いいや、違うね。違うというより、それでは彼に失礼ってもんだ。もっと大仰なことして僕たちでは語るに語れないくらいにとんでもねぇことをしたんだよ」

「へーそれじゃあ、お前は彼に詳しいわけだ」

「いや全然だ。2割くらいしか分かっていない。しかしそれでさえも情報は無限だ」

「まじか。そんなにそいつはやべーのか。ほんじゃ、7時にデリヘルが来るまで間、暫し訊かせてくれよ。Oの話を」

「いいね、それじゃあ語ってやるさ。しかし、デリヘルが来るまでの間じゃ流石に彼の全てを語ってやることは出来ない。 そうだなぁ……うん、今回は彼の特技について語ってやる」

ーーーーーーーー 「まず、Oという人物は元々は普通の男だったんだ。しかし、ある時にあれに出会い大きく変化した。それは傀儡とも言っていい」

「あれって?」

「ギャルゲーだ。彼はギャルゲーに感化されて今の状態となったのだ。望んでなったわけではない。そうなるように世界はプログラミングしていたのだ!」

「じゃあOは最初は一般人で何の変哲も無かったけど、ギャルゲーをプレイして以来、彼の何かが変わったと? それで何が変わったて言うんだ?」

「あー、そうだったね。変わったって言うのは端的に言うと行動原理のことだ。それは今の彼を形作っている基になるものだ。だから決して無視出来ない」

「面白くなってきたじゃねぇか。そんでOはどんな行動を示したんだ?」

「急かすなって。まあいい、語ってやるよ。 そうだな、まずはギャルゲーのことだ。ギャルゲーで彼は変わったと言っただろう。それは別に直ぐに変わった訳ではないんだ。何作もプレーを重ねることによって、変化していったんだ。最初の変化は10作目を超えたあたりからだ。なぜか彼は1つの選択肢に何時間も悩むことを覚えたんだ」

「どうしてだ? そんな悩むものではないだろ? 女の子の気持ちを汲み取ったら、だいたいこれだなって一択でるだろ」

「ああ、僕だったら適当に1つ選ぶ。しかし、そこがOの面白いところだ。簡単に言えば、彼は計算しているんだ。1つの選択肢ごとに世界が変わって行くのを知っているのだ。例えば、3つの選択肢のうち一番上を選んだ場合、次はどんな選択肢が来るのかなどを予測しようとしたんだ。だから多くの時間を費やした。それは未来を読んでいたとも言っていい」

「へぇーすげえなおい。何時間もの長考はそんな意図があったのか」

「まあ、その予測は正しいものかどうかはわからなかったんだけどね。でも、それから選択肢に何時間も悩むという行動を続けてから、彼に何か能力が目覚めたんだ。君は何となくわかるんじゃないかな?」

「うーん、さっきの話から察するにやっぱり、『先のことを適当に予測する』みたいなものか?」

「うんうん、大体あってるよ。そう、長い修練のあと彼は未来を予測することを覚えた。ギャルゲーで言うならば1つ目の選択肢で話の内容が全てわかり、どの選択肢がハッピーエンドなのかバッドエンドなのか理解している」

「それはもう凄すぎるし、ギャルゲーやる意味も無くなってくるよな……」

「そう。当時Oは1つ目の選択肢で話の内容が全てわかったわけだから、ギャルゲーをつまらなく感じたのかもしれない。しかし、ギャルゲーだぞ? 何か忘れてないか? ギャルゲーにとって大事なシーン、忘れてはいけないシーンだ」

「えー、なんだ? 感動シーン? いや違うな。あっ! サービスシーンか?!」

「その通り! 彼はギャルゲーそのものには飽きたもののサービスシーン(通称 エッチなシーン)の未来予測はたいへん入念に行った。そして未来予測と同時並行である技を生み出したのだ!! これが彼の数ある特技の記念すべき1つになるものだ!」

「その名も?」

未来オナニー

ガチャリ。

玄関の扉が開かれた。どうやらデリヘルが来たようだ。

「それじゃあ、本日のお話はこの辺で」

「いやー面白かったぜ。また聞かせてくれよ」

「オッケー。じゃもう帰るよ。デリヘル嬢さんにも申し訳ないし」

と言って彼の家からお暇した。

彼の話はこれだけではない。前述した通り、彼の話、偉大なる特技は阿僧祇を超えるのだ。

  • 僕は僕らしく締める。

「けど、実際は世にあまり知られてないのさ。だから僕が彼の友人として、これからも世界の片隅で今日見たく語ってやるのさ」

終__

現実風反則角換わり

 

あの角換わりがついに動き出した。停滞していた体を遂に起こして我らの前に立ちはだかったのだ。それは終ぞ、酷く貫禄ありきで、否定できない魅力があるものである。そもそも、角換わり野郎は不透明なのである。なかなか、彼女の行動を視認できない、あるいは把握できないのだ。とんでもなく、早いスピードというわけではない、まるで、角換わりという戦法を一から組み直して、棋譜のない戦法をオリジナルに考案したのだ。その戦法は見えない、聞こえない、故に気づかない。そして、今日でも幻影のように振る舞う角換わりはまた次なる姿へと進化している。

 

 そもそも角換わりには既存の戦法がいくつもあった。しかし彼女は新しい角換わりを現在では愛用している。その理由も簡単だ。彼女のひと昔前の戦法は角換わり・腰掛銀、角換わり・早繰り銀、角換わり・棒銀である。それら一つ一つを彼女は極めており、神の技としか言えなかった。しかし、それらの角換わり戦法は歴史ある戦法であるので、実のところ、たくさんの研究データ、棋譜が残っているのだ。われわれはそれを知るまで、彼女の角換わりの犠牲になってきたのだ。けれど、棒銀、早くり銀は初心者愛用の戦法なので、受け方を少しは心得ていたものの、彼女の百戦錬磨の必殺戦法、腰掛銀にはとても苦しめられた。しかし、我々も馬鹿ではなかった。幾何かの時がたったころには対抗策をいくつも用意していたのだ。そのおかげで彼女の進行を止めることだできたのだ。私たちは互いに祝福しあった。けれど、彼女の進行が止まったのは、ほんの一瞬だということに我々は誰も気づかなかったのである。

 

 これが彼女の角換わりの進化のプロセスなのだ。

 我々は少し甘く見すぎたのかもしれない。元来、角換わりとは幻影なのである。

 そう、気付いたころには彼女は一手損角換わりに移行していたのだ!

 

 この戦法、ただの角換わりにあらず。

 

f:id:haru102015129:20170909171708j:plain

 

 

フライドチキン計画〜思い出せ侍!〜

・まえおき

確かに侍は海外にいた。 物理的には居なかったのだが、精神的には海の外に引き留められていたのだ。海を自由と例えるならば海の外、即ち海外は束縛にあたる。その束縛は彼の過去の出来事に直結する。その原因を作ったのも巨悪の権化とも言ってもいい、元カノだ。 つまり件の、彼のツイートは細やかでありながら、大きな意思をもったSOSであったのだ!

彼は標榜する。

「俺は復讐がしたい。アグロなんてもんじゃねえ、OTKだ。俺はあいつのせいで狂人のようになってしまった」

今回は題にもあるように、彼を過去の亡霊から救済するためにも、完膚なきまでに彼女にリベンジする計画について話す。

全てはとある焼却炉の燃え残りのウランとともに発見されたカバンが原因ではじまった。そのカバンは燃えていて、外形を為していない状態であるけれど、燃える前はただの一般的なカバンで別段、取り上げるほどのないような代物なのだが、何かが普通のカバンとは違うのだ。 見た目ではない、何かだ。

そうーー匂いだ。

どうも、奇妙な匂いがするのだ。 何か美味しさを感じるようで、どこか懐かしい感じがして、確かに身近に触れている匂いだったのだ。そこでだ その匂いは意志を持っており、物語の主人公である侍の鼻の元まで帰ってきたのだ。 まるで匂いが『おまえはあのことを忘れてはいけない、やるべきことがある』と囁くように。

その匂いを嗅いだ侍は、直ちにそれが溢れるほどの〈肉汁〉の匂いだということを悟った。

それと同時に与えられた使命を思い出した。

「俺はフライドチキンで彼女を殴らなければいけない」

〜end〜

次回は計画後を記す。 さよなら!

友人Jの恋愛奇譚~前途~

 

彼がダムの奥地にある小さな川で釜揚げシラスを食っていた時には既に遅かった。

 遅かったというべきか、その時にはもう、すべて終わっていたのだ。決して、彼がそのことについて思うことがあり、昨日が賞味期限の釜揚げシラスをやけ食いしていたわけではない。それでいても、状況は芳しくないのだが。

 その事を簡単に言うと、

 彼が一か月前に送ったラインが、『彼女は気づいている』という事実だ。

 

 その事実により、我々が散々議論してきた妄想が堤のように崩れていった。

 もしかしたら、彼だけに返さない理由があるのかもしれない。しかし、Jちゃんの眼は笑っていなかった。笑っているのは表情だけであり、なにがいけなかったと彼にしては珍しく過去のことを振り返っていた。

 まだ、振られたわけではない。

「なにがあかんかったんやろ。全然わからへん。実際喋った時もそういう嫌な感じはなかってんけどなー」

「喋ることが幸せで、彼女の中身を読み取る暇がなかったんじゃないか」

「いやーそんなことないって、それやったら声音に表れるって。あれは絶対理由あんねん! ……でもなぁどうしたらええんやろ」

 一度強気になったものの、真の部分ではまだ片付けられない気持ちなのか、語気にいつもの調子が含まれない。

「まったく俺もわからねえよ。」

「……」

「……」

 沈んだ会話が続いた。

 暗い気持ちを抱えながらルアーをキャストする。全然集中できない。

「どないなっとねん」

リールトラブル。

「マジでどないなっとんねん。新学期どんな面持ちして彼女にあったらええねん。不安で仕方ないわ」

 私は友人1として彼にアドバイスをしてやりたかった。俺にも経験はあった。しかし彼ほどまでに残酷なことはなかったので軽いアドバイスなど彼の前では邪魔でしかないと思った。この場にかの有名な侍がいれば笑いながら適格な答えを提示したのだろう。しかし侍は海外にいるそうだ。Jちゃんは衛星電話じゃないと今はあいつのもとへは届かねえよと言うのだから、そうなのだろう。

 なにはともあれ私は経験談に基づくアドバイスは諦めた。しかし、自分にも何か言えることがないかと模索した。結局、前回の相談を思い出し、自身の得意分野、妄想を追求することを彼に推奨したのだ。自身の無力さを悟った。

 

「」「」「」「」‥‥‥

 

 そして我々は語り合った。もし彼女が手に入った後のことを幾千通りもプランを用意し、それを発表した。

 どういう体位がいいとか、おススメの体位とか、環境トップな体位とかーー。

 それなりに無意味な語らいを続けた。

 

 しかし何度考えても状況は変わらず、彼は悩みに疲れている。だってまだ、真実はわからないのだから。事実が分かっただけで、その本質はまだわかっていない。そのことがとても引っかかり彼の道に停滞を生んでいる。

 なんだか、彼女本人はJちゃんの状況を知らないけれど、ズルい気がした。途轍もなく理不尽なことを言っているかもしれないが。

 さて、今回の話どうまとめようかと悩んでいるが、端的に纏めると【違うところで交差しているように第三者からは見えた】という話だ(自分でも何を言ってるかわからない)。???

それに、

 彼女が一言返事をするだけで、解決していたのかもしれない。

 

 ☆ブログのまとめ☆

 人間関係の難しさが伺えた。

 この二回にわたるはブログは一貫して人間関係の難しさについて微かに顕れた。

   そしてそれをみんなに伝えるためのものだった。

 

こ・れ・か・ら

 これから先はたいして興味はない。それも彼の恋愛奇譚を十分に訊けたのだから。

 なんとなくわかるーー彼の恋が今後どう転がろうともそれに間違いはないのだ。

 「彼はただの童貞じゃない、価値ある童貞だ」私はそう彼を判断した。

 

 そんな彼の進む先にバットエンドなど相応しくない。

 

 これで彼の道程はひとまずおしまいであります。

<?ambiguous end?>

 

 

追記

ほとんどがフィクションです^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人Jの恋愛奇譚~経過~

 

 こんにちわ。

 ここ数か月でいろんなことが起こりました。その中でも友人Jが現在進行形で恋をしている話を匿名性を守りながら朧げに語っていきたいと思います。

 

   彼の経過

 私はその人のことを常にJちゃんと呼んでいた。だから此処でもただJちゃんと書くだけで本名は打ち明けない。これは世間に憚かる遠慮というよりも、その方が私に取って自然だからである。私はその人の記憶を呼び起こすごとに、すぐに「Jちゃん」と言いたくなる。筆を執っても心持は同じ事である。余所余所しい頭文字などを敢えて使うのは私ならではだろう。

 彼からの恋愛奇譚を聞いたのはとある池で釣りをしていたときだった。彼がキャストすると同時に私も続けてキャストするような形でそれは始まった。

「ワイ、積もる話があるんやけど。聞いてくれるか」

「……」

「ワイ、こんな風にしてるけどな、実のところめっちゃ病んでんねん。それはもう……」

 彼のいつもの明るいトーンとは外れて、それはもう沈んだ面持ちであったので、私は真剣に応対することを選んだ。

「そうなんや、何かあったん」

「それはですね……それはですね……僕がですね…………とある女の子にラインを送ったんですよ! 

  (30秒)

……でもまだ返ってこうへん」

「どれくらい、返ってきてないの」

「終業式に送ったから、えーっと、1カ月くらい。おかしくないですか! あんなに移動教室やその他もろもろでたくさんのコンタクトを取ったのにもかかわらず、あ、あれやで、ちゃんとライン送ることは言ったんやで、

それやけど……返ってこうへん。どう思いますか!ワイはこのことで頭がいっぱいで最近、全然集中できへん。勉強しようと思っても、もし彼女から返事が来た場合の時のための対策を何通りも考案してたり、今だってキャストに実りがない!バス出えへん! ワイどうしたらいいと思う?」

「それはさすがにおかしいなあ。なにか事情でもあるんちゃう。たとえば携帯故障してるとか、勉強するため封印してるとか(あとでわかるが携帯は使えている)」

「えー! でもおかしない! 携帯故障って1カ月もかかるか?」

「いや二回壊れた可能性だってあるで(絶句レベルの希望的観測だけれど)」

「そんなんあるかな……絶対ありえへんわ。ほんまどうしたらええんやろ。絶対違う理由で無視してるやろ……」

「でも今はなんもわからんから、暗い妄想するんやったら、ポジティブで現実的な可能性を考えたほうがいいやろ。たとえば二回携帯が故障したのも、Jちゃんを想像して自慰していたら潮を噴いて携帯にかかった。携帯は防水機能がなかったので故障。直るも二回目、衝動の前では学習など皆無。前回の失敗を忘れたかのごとくまたもや携帯に噴きかかる。そして故障。そして今は仮機なので連絡が取れない。以上QED」

 僕はふざけたことを後悔した。もっと真面目に彼のためになることを言えばよかった。そう、この私の発言より、ほぼ限界まで来ていた彼の病みゲージはとうとうカタルシスを迎えたのだ! 

  つまるところ、彼は狂ったのだ。

 

「絶対それやん! そうしかない! ありがとう! これで謎が解けたわ! これで第二フェイズに行ける! よっしゃ、希望が見えた。これからどうしていいか相談のってや。まずなワイが彼女のこと好きな理由は3つ……」

  (中略)

 「がはっはははっはっははは!ワイもろたで!ははっはははははっはっはっはっははっはっははっははははっはっははっはっはは!!!!!! もうなんも心配あらへん。ほんまにありがとうな今日は相談のってくれて!」

「……」

 

とまあ気づいたら積もる話(相談は)幕を閉じた。私はこの日、言葉の強さを痛感した。

 それでも、彼の話からはいろいろな感情が汲み取れた。悲しい話であれど、彼はさも楽しそうに話をするので、実のところ病んでいないんじゃないかと疑うくらい、幸せそうだった。そして、その心は真っすぐなのだ。

  そんな彼を見て、私は一種の治りにくい病に似たものーーいわゆる恋というものを間近で目撃したのだ。それはもう大分、目にすることのない代物であったので、少しうろたえた。そう言うのも純愛という、美しいものであったからに違いない。少年時代はたくさん見てきたものだが、これからはそんな綺麗なものは早々、お目にかかれないだろう。

 

 皆さんもこのブログから純愛というものを思い出して欲しい。

 

  きっと彼が野球でいうピッチャーだった場合、球種はストレートしかないのだろう。 

<happy end>

 

 

次回は今回の真相についてだよさよなら!